忍者ブログ
かがみにうつるのは、まぎれもなく、わたしとはちがう、もうひとりのわたし。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    創ったよ。

    弟君が創るべきって言ってくれたから、
    ゾロアスターの新キャラ創ったよ。

    c7806793.png

    「アジ・ダハーカ」

    ■バビロンのクリンタ城に住んでいる竜
    ■アンラ・マンユの配下で諸悪の根源
    ■千の魔法を使う
    ■傷口から幾多もの邪悪な生物が飛び出す

    アジ=蛇
    ダマーヴァンド山に幽閉されたが最近出て来た。
    本気になると普段隠れている4つの目が開く。

    何かこれだけ聞くと最凶な気がしてならない。

    因みにウチでは「天界=恍界(おうかい)」
    「魔界=闇界(おんかい)」で分けてる。
    恍界はガリ勉とビジネスマンしか居ない。
    闇界は技術が発展しまくってニートしか居ない。
    人間界が一番普通。
    お馴染み(?)のシェマ様やアカ君は闇界に居る。

    シェマ様とスラ王はすっごい仲悪いよ。



    【自分メモ】

    「アカ・マナフ(悪しき思考)」=敵対=「ウォフ・マナフ(善い思考)」
    「ドゥルジ(虚偽)」=敵対=「アシャ・ワヒシュタ(最善なる天則)」
    「サルワ(無秩序)」=敵対=「フシャスラ・ワルヤ(望ましき王国)」
    「タローマティ(背教)」=敵対=「スプンタ・アールマティ(神聖なる敬虔)」
    「タルウィ(熱)」=敵対=「ハルワタート(完全)」
    「ザリチュ(渇き)」=敵対=「アムルタート(不滅)」

    【ダエーワ】

    ●アカ・マナフ(Aka Manah)
    つまるところの「アカ君」。
    取り憑かれた人間は善悪の判断が出来なくなる。

    ●ドゥルジ(Druj)
    つまるところの「ルゥイ」。
    不義・偽りの神格化。
    "ドゥルジ・ナス"は複数の女性悪魔なので
    こちらではそれに含まない。

    ●サルワ(Saurva)
    つまるところの「サゥル」。
    フシャスラの理想国家や秩序を破壊し、
    無政府状態を築き上げる使命に燃えている。

    ●タローマティ(Tarōmaiti)
    つまるところの「タマ姫」。
    女神。
    「アルヤーマー・イシュヨー」という呪文が嫌い。

    ●タルウィ(Taurvi)
    つまるところの「たるー」。
    ザリチュのパートナー。
    植物を滅ぼす神だが反面、毒草の創造者でもある。

    ●ザリチュ(Zairic)
    つまるところの「りぃちゅ」。
    タルウィのパートナー。
    有用植物を滅ぼし、毒草を蔓延らせる事が使命。

    【アムシャ・スプンタ】

    ●ウォフ・マナフ(Vohu Manah)
    「ウォフ」。よくアカ君につっかかる。
    善悪の判断を司る。
    人間の善行/悪行を記録し、裁きを下す。
    人間の死後、天国で最初に出迎える。
    動物(家畜)の守護神。

    ●アシャ・ワヒシュタ(Aša Vahišta)
    「アシャ」。ルゥイの存在を否定している。
    清潔を司る。
    火の守護神、後に聖火そのものと同一視される。

    ●フシャスラ・ワルヤ(Χšaθra Vairya)
    「フシャ」。サゥルはしねばいいと思っている。
    理想的統治の神格化。
    鉱物の守護神。
    最後の審判が訪れた時、灼熱の溶鉱で世界を
    焼き尽くし浄化する。

    ●スプンタ・アールマティ(Spənta Ārmaiti)
    「アール」。タマ姫より自分が美しいと思っている。
    地母神。大地の守護神。

    ●ハルワタート(Haurvatāt)
    「ハロウト」。くそじじぃ滅べと思っている。
    女神で、水の守護神。
    規則正しい季節を司る。

    ●アムルタート(Amərətāt)
    「マロウト」。りぃちゅが大ッ嫌い。
    女神で、食物を司る。
    植物の守護者。

    【神々】

    ●アエーシュマ(Aēšma)
    つまるところの「シェマ」様。
    名は「狂暴」を意味する。
    血塗られた武器を持っている。
    スラオシャやミスラの敵対者。
    家畜に害をなす。
    酩酊や粗暴の行為のあらわれ。

    ●スラオシャ(Sraosha)
    「スラ」王。シェマを亡き者にしたい。
    名は「聞くこと」を意味する。
    アフラ・マズダーの"耳"。
    「聴取」と「従順」の守護神。
    「判決の橋」の守護者の1神。
    橋を渡る魂の旅路に付きそう。

    PR

    [8]  [7]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
    はじめに
    基本思った事を遠慮無くガンガン書くので、閲覧側に不快を与えるかも知れない文章があったりなかったりします。そういうのは記事を折りたたんでおりますが、折りたたみ記事(「続きを読む」)を閲覧の際には自己責任で御願いします。
    創作とかうちの子達のイラストを載せたりしております。大体気分。気分が乗らないと更新されない惰性運転のブログです。
       
    ※管理人は酷く親馬鹿です※

    カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カウンター
    最古記事


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]